に投稿 コメントを残す

古き文化と新しい文化の融合!観光都市の京都府に居住しよう!

index_il01

京都府は古来の日本の風景が今もなお残っているため、全国各地から懐かしさを求めて観光客が訪れています。

 

しかし、近頃では日本人だけではなく、海外からの旅行客が大幅に増加しているんですよ。

 

実際に京都を訪れてみると、外国人がたくさんいるのが分かります。

 

今回はそんな京都府についてご紹介します!

 

京都府は観光客だけではなく移住者も多い!

京都府は、昔ながらの伝統や歴史に触れられる情緒溢れる街という認識がありますよね。

 

しかし京都府は観光だけに特化した地域ではなく、移住者が絶えないという事からもわかるように、日常生活を営む上でも優れた都市機能を有しているのです。

 

kyoto

 

京都府に足を踏み入れると非日常を味わえるのは、中心部に出店するお店の看板のカラーリングやサイズに厳しく規定が設けられている事が関係しています。

 

派手な色合いのデザインや眩しい電飾は京都府の雰囲気に適さないため、条例で厳しくルールが決められているのです。

 

ただし、決して不便さを覚える状態にはなっていません。





 

むしろ公共交通機関は全国的に見ても利便性が高くなっているので、自家用車を所有していない場合でもお出かけ時に不都合を覚えることがありません。

 

 

このように、現代の便利な文明の利器と古き良き時代の風情を上手に組み合わせることができているのが京都府なのです。

 

そのため京都府民としてライフスタイルを送っている場合でも、観光客と同様に心落ち着く瞬間が何度もあります。

 

京都府のライフスタイルが心地よい!

具体的には、朝の通勤時に最寄り駅などに向かって路地を歩いている時でしょう。

 

玄関前で水撒きをしている様子が目に入り、何気なく交わす挨拶がとても清々しくて気持ちが良いものです。

 

publicdomainq-0008766fuw

 

しかも、水撒きを行なっているのは料亭などに限ったことではありません。

 

一般家庭でも毎朝の日課としているので、そうした丁寧な暮らしを意識的に送っている人々が身近に居るという安心感も得られます。

 

なんがか優雅な感じがしませんか?

 

ゆとりを持った生活って感じで、素敵ですよね。

 

 

そのような京都府民の特性から、自分たちがライフスタイルを送っているエリアは、人に任せきりにはしないという理念があります。

 

なので、沿道のゴミ拾いや花壇の整備も率先して行います。

 

また、地元の人々が温かいのはもちろんですが、同じように他地域から居住してきた方も大勢居るので、新たな生活拠点として住居を構えようとしている方にも優しいです。

 

まとめ

京都府についてのご紹介でした。

 

観光名所がたくさんあって旅行先というイメージが強いかもしれませんが、気に入った場合はここをそのまま居住先として決めてしまうのもおすすめですよ。

 





京都府についてもっと詳しく知りたい!と言う方は、こちらから公式サイトをチェックしてみてくださいね!







Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yushi1989/mame-news.net/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です