に投稿 コメントを残す

実は孤独を感じる人こそ使ってほしい、フェイスブックの楽しみ方!

Facebook

Facebook

フェイスブックというソーシャルネットサービスをご存知ですか?

映画にもなりましたし、おそらく多くの人が、その名前だけでも聞いたことがあると思います。

しかし、もしかしたら、実際に利用している人はそこまで多くないのかもしれません。

ネットで情報を発信したり、見ず知らずの人と繋がることに不安感をもつことは、当たり前だと思います。

fb gazou keyboard-1385706__180
しかし、例えば。

知らない土地で、毎日一人暮らしの家と会社を往復するだけの日々……。

友人もいないところで、毎日仕事に行って眠るだけの生活……。

幼い子どもと家でずっと二人きりで、周りに友人もおらず、主人の帰りを待つだけの毎日……。

そんな、少し孤独を感じてしまう人の暮らしぶりを、フェイスブックは変えることのできる力をもっているんです。





fb gazou woman-1594711__180

フェイスブックは、もともと、実名登録を義務付けているので、それだけ、安全性は確保されています。

また、知り合いにフェイスブックをやっている友達がいないから、フェイスブックをはじめてみても、楽しいことなんてない、と思っている方。

今やフェイスブック上で様々なグループ、コミュニティが存在しているのを知っていますか?

何年に生まれた、何県出身の人たちで集まるグループだったり、子どもをもつママたちが参加できるグループであったり。

必ず、自分が所属できるコミュニティが存在します。

今のつまらなくて、ちょっと寂しい生活に、何か変化を起こしたいと思っている人、フェイスブックを始めてみませんか?

social-network-76532__180

実は、わたしも、子どもが生まれるまではフェイスブックはやっていませんでした。

どうしても、自分の本名をネット上で明らかにすることに抵抗があったんです。

しかし、子どもが生まれ、楽しい毎日ではあるものの、どうしても、息が詰まるときはあります。

まだおしゃべりができないわが子。

赤ちゃんは、うまくできなくて、すぐに癇癪を起し、何時間も平気で泣きます。

家の中にはわたし1人しかいません。

主人の仕事も毎日遅く、午前近くに帰ってきては、翌日の仕事のためになるべく早く就寝する日々……。

誰とも楽しい会話をしない生活が連続すればするほど、幸せなはずの子どもと二人きりの生活に息苦しさを感じてしまうようになりました。

そんなとき、たまたま夏休みで遊びに来てくれた高校時代の友達が、フェイスブックの存在を教えてくれたんです。

結構、同級生でやっている子もいるから、登録だけしてみたら? と。

登録は無料だし、投稿が嫌ならば閲覧だけしていればいいし。

みんな結構、更新してて、みんなの近況が覗けるだけでも、楽しいかもよ? と、アドバイスしてくれました。

その子に教えてもらいながら、わたしはフェイスブックの登録をしていました。

初めは閲覧だけで、誰かが友達とディズニーランドに行った写真や、家族旅行に行った写真が流れてきては、いいねを押して、楽しんでいました。

知らない土地で育児を頑張ってきて、はじめて、孤独感が薄れた気がしました。

そのうち、フェイスブックをいじっているうちに、全国のママ友と繋がろう、という趣旨のコミュニティを見つけました。

思い切って、そこのコミュニティに入ることにしたんです。

子育てで大変な思いをしているのは、自分だけじゃない、そんなふうに身近に感じたかったのかもしれません。

子どもの写真や家族での写真を、そのコミュニティに向けて投稿するようになり、わたしはフェイスブックをはじめる前よりもずっと、毎日楽しんで子育てができている自覚があります。

また、たまたま同じ沿線上のママから連絡が来て、実際に会ったりするママ友までできました。

 

このページを見た人はこんなページも見ています。





[RAND_TBL]







Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yushi1989/mame-news.net/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です