に投稿 コメントを残す

自家製にはまっています!梅干しづくりにチャレンジしてみました

【関連画像1】

家のお庭には、実のなる木がいくつかうわっているのですが、
毎年たくさんの実をつけてくれるのが、梅の木です。

 

梅を美味しく食べると言ったら、やはり「梅干し」。

 

しかし、梅干し作りの本を見ると天日干ししたり、
こまめに管理しなければいけない工程があって、
作業に取りかかれないうちに、収穫時期を過ぎ、さようならすることに(笑)

 

 

だけど、
梅といえば、クエン酸など体にいい成分や
夏を乗り切るための栄養素がたくさん・・・

 
もったいない!今年こそは!!

 

と考えて、どうにか簡単に梅を美味しく食べられる方法がないか、インターネットで検索してみると、なんと!「炊飯器」を使って超簡単に梅干しを作れる方法を発見しました。

 

これは本当に目からウロコ(笑)

 

本当かしらと、ちょっと信じられない気持ちになりならがも、チャレンジしてみます。

 

 

【関連画像1】

 

 

まず、取ってきた梅を水でよく洗い、割れ目にあるヘタを竹串で取り除きます。

 

軽くキッチンペーパーで水気を拭き取って、炊飯器の中の7分目位をめどにゴロゴロと中へ。

 

 

【関連画像2】

 

 

次に取り出したのは、「氷砂糖」。

 

インターネットでは、かなりの多くの氷砂糖を入れることになっていましたが、せっかく自分で作るのだから、自然に近い味の方が体にいいかなと思い、20gくらいをザラザラと梅が入っている炊飯器の上からかけます。

 

ムラができないように、梅と氷砂糖をぐるりと混ぜて、下準備完了!

 

あとは、炊飯器を「保温」状態にして、24時間寝かせるだけ!!

 

これだけで本当にいいの?とまだ疑いながら、24時間後、炊飯器の蓋を恐る恐る開けてみると・・・

 

 

【関連画像3】

 

 

氷砂糖が溶けて、梅からエキスが出て、炊飯器の中は、思ってもいなかった様子になっていました。

 

タッパーに移して、熱を冷ましてから、冷蔵庫に入れて冷やします。

 

 

【関連画像4】

 

 

1つつまんで試食!

 

す・・・酸っぱい(笑)

 

本当に自然の酸っぱさですね。

 

スーパーで買ったものは、酸っぱいというよりは、しょっぱいと思うことが多いですし、おいしく見せるために着色料や保存料が入っています。

 

そう考えると、これが自然の美味しさだなと強く感じました。

 

ついつい、酸っぱい!もう一つ!!

 

と2個目が食べたくなって手が伸びます(笑)

 

梅から出たエキスも炭酸水や水で割っておいしく梅ジュースやドレッシングとしていただきました。

 

今まで、捨ててしまっていた梅の実が、本当にもったいなかったんだなとしみじみと思いながら、来年も絶対につくろうと心に決めました。

に投稿 コメントを残す

「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」の映画を観てきました

【関連画像1】

「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」の映画を観るために、映画館にやってきました。

 

【関連画像1】

 

宮藤官九郎監督の最新作ということで、楽しみにしていたんです!

 

キャラクターや世界観の独特さと、どこか笑えて共感できるところが、いいところ(笑)

 

宮藤節というのでしょうか?

 

現実味があるようでないようで・・・・観ていて癖になります。

 

スクリーン開場までに時間があったので、待合室のまわりをうろうろ。

 

すると、ディズニーの「ファインディングドリー」のパネルが!

 

 

【関連画像2】

 

 

2003年に公開された「ファインディングニモ」の続編にあたる作品ということで、話題になっています。

 

主人公は、忘れっぽい魚の「ドリー」。

 

あっけらかんとした性格が、憎めないかわいいキャラクターです。

 

前作のニモ親子も登場して、また大冒険を繰り広げてくれそうで楽しみな作品の一つです!

 

そして、その隣には、ロングヒットをとばしている同じくディズニーの「ズートピア」のジュディの人形が!

 

 

【関連画像3】

 

 

ぜひ、小さなお子さんが、ぎゅーっとしているところが見たいと思ってしまいます(笑)

 

「ズートピア」は4月から公開されていますが、週末興行ランキングでは、11週連続で3位圏内という人気ぶりを発揮!

 

 

観に行った友人達はみんなそろって、かわいいキャラクターに頼るだけでなく、しっかりした物語に納得できたと口にします。

 

私は、まだ観ていないのですが、マイ評判の良さに、とても気になっている作品です。

 

そんなことを考えていると、あっという間に「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」のスクリーン開場時間に。

 

いよいよ、鑑賞してきますよ!

 

神木隆之介さん演じる修学旅行中の高校生、大助くん。

 

彼を含めたクラス全員を乗せたバスが崖から転落し、なぜか彼だけ地獄へきてしまうところから物語が始まります。

 

どのキャラも、とても濃厚な個性を持っていて面白かったですし、かなり強いメイクをしている役者が多く、

 

エンドロールで「この役このキャストさんがやっていたんだ!」

 

という気づきもあり、最後まで楽しめました。

 

そして、エンディングで流れる「TOO YOUNG TO DIE!」のロックが、劇場を出た後も耳に残り、心地よい余韻でした。

 

神木隆之介さんといえば

 

 

【関連画像4】

 

 

『君の名は』の声優もされるということ!

 

映画の前の近日公開作品の宣伝で作品を少しのぞかせていただいたのですが、「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」とは違った爽やかな雰囲気の青年を演じられており、こちらの作品での活躍も楽しみです。

に投稿 コメントを残す

アフタヌーンティー・ティールーム アトレ上野でお茶をしてきました!

【関連画像1】

アフタヌーンティー(Afternoon tea)さんは、お店の名前通りお茶や食器をはじめ、小物やお風呂用品、洋服、アクセサリーなどなど、多くの商品を取り扱っています。

 

そのおしゃれで、かわいらしい雰囲気に、見かけるとついついお店を見てまわりたくなる、私(笑)

 

 

そんな、女性を引き付ける素敵な店ですが、

店舗によっては、ティールームが併設され、お茶や食事が楽しめるところもあります。

 

今回はそんな店舗の一つ、「アフタヌーンティー・ティールーム アトレ上野」に行ってきました!

 

 

【関連画像1】

 

 

お店は、上野駅の改札のすぐ外という立地とお昼時ということもあり、ほぼ満員状態。

 

待ち列の椅子に座ったところ、タイミングが良かったのか、すぐにお席への案内の声がかかります。ラッキー(笑)

 

店員さんから、メニューを受け取り、目を通します。

 

もう・・・どのメニューも女性心をくすぐるものばかりでした!

 

お茶やケーキの種類が豊富で、夏の季節にあうフルーティーな雰囲気のものも多く、盛大に目移りしながら、

 

選んだのは、

 

 

【関連画像2】

 

▲アラスカ産紅鮭とグレープフルーツのサラダサンド (¥1430)

です。

 

「サンド」じゃなくて、「サラダ」じゃないの?

と思ってしまう外見(笑)

 

 

【関連画像3】

 

 

グレープフルーツのジュレを上からかけて、いただきます。

 

口の中にはさっぱりとした酸味が広がり、おいしい!

 

それにしても、どこが「サンド」なんだろうと思ったら・・・

 

サラダの中から、サイコロのような食べやすいサイズに切られたパンが、ゴロゴロと出てきました。

 

 

そして、気づく私!

 

都会のお姉さま方は、パンにかぶりつくと口元が汚れてしまうから、もしかしたら、パンをちぎって食べるのかもしれない・・・

 

 

サラダのように、フォークで食べられるサンド・・・

 

 

なんてエレガントな!と一人で興奮(笑)

 

 

とても都会的なサラダサンドでした。

 

 

【関連画像4】

 

 

締めにアイスティーをいただいて、ゆったり。

 

素敵な空間を満喫してきました。

 

→アフタヌーンティー・ティールーム アトレ上野店の食べログのページはこちら

に投稿 コメントを残す

映画が趣味です!64-ロクヨン-後編を観てきました。

【関連画像3】

映画館で映画を観るのは、DVDを借りて自宅で観るのとは、また違った特別感で、とても好きなんです。

 

映画館の利点はズバリ!

 

その作品を楽しむために時間を作り、日常空間を離れ、映像から音から、その作品を余すところなく堪能できるところ!!

 

物語の世界にどっぷりつかることができるんです。

 

映画館でも映画鑑賞は、もはやすっかりストレス発散の趣味の一つ(笑)

 

映画館も臨場感を出すために、スクリーンに、目に見えないほどの小さな穴が開いていて、スクリーンの裏からも、スピーカーで音を出すことで、より現実味を演出しているとか!

 

 

実際に、スクリーンをめくったことがないので定かではないのですが、

これからも、映画館の進歩を心から応援しています(笑)

 

 

【関連画像1】

 

 

そして、映画を観ようと足を運んだのは、いつもお世話になっている、「イオンシネマ」さん。

 

「映画を6本観たら1本無料で観れる」ポイントカードが、いっぱいになっていたので、ありがたく無料視聴です。

 

 

【関連画像2】

 

 

観る映画は『64-ロクヨン-後編』。

 

前編を観たら、すっかりはまってしまい、後編の公開をとても楽しみにしていました!

 

 

【関連画像3】

 

 

前編は、主役の三上義信さんが、昔担当した「ロクヨン」事件を通じて、心の大切さに改めて気づく姿が描かれ、「ロクヨン」を模倣した事件が発生したところで、後編に続く・・・といったラストでした。

 

 

前編からの伏線が、後編で明らかになる瞬間をワクワクしながら、観賞。

 

 

作品を観終わり・・・

 

どっと体が重くなるのを感じました。それくらい集中してみたんでしょうね。

 

一番心に残っているのは、「ロクヨン」事件で被害にあった子供の父親、雨宮芳男さんが公衆電話でのボタンを押し、何度も何度も電話をかけているシーン。

 

 

その心中は、いかほどものかと思うと、何と表現しいいのか複雑な気持ちになり、鳥肌がぶわーっと出てくる現象が発生するほど(笑)

 

 

『「家族」という病』という本が少し前に話題になりましたが、「家族」という存在が、人にとってどれほど大きく心のよりどころになっているのかを感じられる作品でした。

 

 

まさにフレコミ通りの感動作!!

 

作品の余韻が冷めやらぬ中、通路を通って劇場を後にしようとしたら、

 

 

【関連画像4】

 

 

「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」のポスターが!

 

宮藤官九郎作品は「池袋ウエストゲートパーク」のドラマのころから好きなので、次はこれを観に来ようと心に決めるのでした(笑)

に投稿 コメントを残す

ぶらり駅の旅!大月駅の周辺を散策してきました

【関連画像1】

JR中央本線「大月」駅のホームから、

大河ドラマ「真田丸」にも登場した「岩殿山城」が、山の中腹にみえると、

山梨に来たんだなと実感します。

 

目に留まるとやはり行ってみたくなりますが、行くとしたら1日かかりそう(笑)

 

また次の機会に行ってみたいと思います。

 

 

次の電車の乗り換えまで少し時間があったので、駅まわりを散策してみようと思い、JR「大月」駅を下車しました。

 

 

【関連画像1】

 

 

改札を出ると、外から見た駅舎は、丸太を組んだような仕様になっており、どこかログハウスを思わせるものでした。

 

確かに駅の中にある、待合室も冬は薪ストーブでもたきそうな素敵な雰囲気でしたから、なんとなく雪景色が似合いそうです(笑)

 

【関連画像2】

 

 

JR「大月」駅のすぐ右隣には、観光案内所がありました。

 

特産品やその時期おすすめのスポット、イベントを案内のビラが壁にぎっしりと並んでいます。

 

一歩入ると案内のお姉さんがいらっしゃるカウンターが目の前で、2人入ると、満員と思ってしまうような、かなり狭いスペースですが、アットホーム感が漂っており、個人的に好きな空間でした。

 

 

そして観光案内所の正面には、

 

 

【関連画像3】

 

 

蔦がお店に絡まって、レトロな雰囲気を醸し出している喫茶店「月Cafe」さんがあります。

 

旅行雑誌にも取り上げられている有名な喫茶店。

 

観光のお客さんが喫茶店の前で写真を撮っていたほどです(笑)

 

蔦と植物で中の様子を見ることはできませんでしたが、一度は行ってみたいと思うお店の一つです。

 

 

駅前はロータリーになっており、「月Cafe」さんをはじめ、

 

手作りパン&ケーキの「Time’s Cafe」さんや

 

山梨といえばの有名店「桔梗屋」さんが軒を連ねています。

 

 

ロータリーを右まわりに一周ぐるりと回って、さて駅に戻ろうと思ったら、

 
【関連画像4】

 

 

なんと足元に富士山スポット発見です!

 

タイルの上にのって、矢印の方向に目をやると、富士山が・・・

 

見えませんでした(笑)

 

気温が高かったせいか、もやがかかってしまい、残念。

 

見ることができなかったのですが、大月からは富士山がどんな風に見えるのか気になりますね。

 

 

いつもは降りない駅をふらりと下車してみると、「その場所ならでは」を見つけることができ、いつも面白いなと思います。

 

 

普段通り過ぎるだけ駅を降りて、周りを散策してみるだけでも、ちょっとした旅行気分を味わえるので、日常に新しいことを見つけたい方にはお勧めです。

 

→大月駅へのアクセスはこちら

に投稿 コメントを残す

山梨県の「風土記の丘」産直に行ってきました!

【関連画像1】

山梨県の「風土記の丘」農産物直売所に行ってきました。

 

建物の前の入り口前には、大きなタイヤのようなモニュメントが迎えてくれます。

 

何のモニュメントだろうと思い、説明書きを読んでみると、ここから500mほど先に、4世紀後半の前方後円墳があり、そこから出土した青銅製の鏡をもとに製造されたものだとのこと。

 

こんなに大きいのが鏡!と思って読んでいると、実際は20センチほどのもののようで、「そうだよね」と1人納得してしまいました(笑)

 

山梨県は、公園や桃畑の真ん中に古墳があったりと、多くの古墳が発見されており、「風土記の丘」という名前も近くにある県立の考古学博物館をようする公園施設からきているようです。

 

 

【関連画像1】

 

 

さて!産直に足を運んだのは、もちろん新鮮なお野菜や何か面白い商品を購入するため!

 

お店の中は、朝どれの季節のお野菜がずらりと並びます。

 

9時から18時の営業ですが、やはり皆さん美味しいものをゲットしようと営業開始時刻からお客さんがお店にいっぱい!

 

勝負は午前中といった雰囲気です(笑)

 

今の時期一押しのお野菜は「トウモロコシ」のようで、箱でお買い上げされているお客さんもたくさんいらっしゃったことに、驚いてしまう私です。

 

これからの時期、山梨県一押しの桃とブドウがお店に並ぶでしょうから、よりにぎわうこと間違いなしですね。

 

 

【関連画像2】

 

 

館内地図には「休憩所」とありますが、

 

産直の隣には、「甲州地どり丼」「信玄とんかつ御飯」など、山梨で育った鶏や豚をその場でいただける食堂スペースがあります。

 

値段も税別で、ほぼ1000円以内で頂けるとあって、人気の様子!

 

かなり気になったのですが、今回はやめておきました(笑)

 

家に帰り、買ってきたものの確認です。

 

 

【関連画像3】

 

 

▲クッキー(¥200+税)

 

ウコンが練りこまれたクッキーは、見たことがなかったので、つい手が伸びてしまいました。

ほのかなウコンの味で、さっくりと食べやすく、とても美味しかったです!

 

 

【関連画像4】

 

 

▲ドライフラワー(¥350+税)

 

これは安い!

 

専門店で手芸素材として手に入れようとすると、この量でしたら3倍近いほどの金額になりそうな気がします。

 

趣味の手芸で全部使い切れるか、わかりませんが、他にも部屋に飾ったり、アロマオイルで熟成させてポプリにしたり、楽しみ方がありそうです。

 

これから、フルーツや野菜がおいしい季節!

 

ぜひぜひその土地でしか出会えない商品をさがしに農産物直売所の旅、いかがでしょうか?

 

→風土記の丘へのアクセスはこちら

 

に投稿 コメントを残す

美術館大好きです!パンフレットで情報収集してみました!

【関連画像1】

美術館に行ったときは、なるべく身軽に展示物をゆっくり見て回れるよう、貴重品だけ持って、残りはロッカーに荷物を預けています。

 

美術館のロッカーは、資金返却式のところがほとんどなので、本当に「いつも私の荷物を持っててくれてありがとう」という気持ちでいっぱいです(笑)

 

今回も森美術館の展示を楽しんだ後、荷物をロッカーに取りに行って・・・見つけてしまいました。
パンフレットの山を!

 

 

【関連画像1】

 

展示期間が短く気づいた時には、展示期間終了ということもあり、なかなかネットで情報を知ることが難しい展示も多いので、美術館に置かれているパンフレットは、私の貴重な情報収集源の一つです。

 

パンフレットを一通り読み込んで、

 

 

【関連画像2】

 

 

気になったものを数枚持って帰ってきました。

 

本当は、全部行ってみたいんですが、とにかく絶対に行こうと心に決めた展示が二つ!

 

 

【関連画像3】

 

 

あおりは、『ルーヴルがほしがった9番目の芸術』

 

漫画家さん達に「ルーブル美術館」をテーマとして自由に作品を描いてもらう企画で、日本の漫画家さんとフランス内外の有名な漫画家さんが多数参加している様子。

 

ルーヴル美術館特別展 「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」

 

2016年7月22日から『森アーツセンターギャラリー』で開催予定です。

 

参加者の中に『ジョジョの奇妙な冒険』で有名な荒木飛呂彦先生のお名前が!

 

展示を観るのが今から楽しみです。

 

当日券¥1,800のところ、前売り券は¥1,500で、しかもローソンでチケットを購入すると「当日会場でオリジナル記念イラストチケット」をもらえるとか!

 

やはり行くなら前売り券がお得ですね(笑)

 

お次は、

 

 

【関連画像4】

 

 

世界初の期間限定ミュージアム!

 

『スヌピーミュージアム』です。

 

本家の「シュルツ美術館」が所蔵するコレクションの中から、半年ごとに展示を入れかえるとのことで、9月25日までは、オープン企画展として「愛しのピーナッツ。」を行っている様子。

 

これは展示ごといつ行っても楽しめそうですね!

 

また、カフェや限定ショップもあって、スヌーピー好きにはたまらないスポットになること間違いなしです(笑)

 

2018年9月まで期間限定の予定なので、一度は行ってみたいと思います。

 

こうやってパンフレットを見るだけでも、わくわくした気持ちにさせてくれるのが、特別展の楽しいところです。

 

いつ行こうと予定を立てて前売り券を買うと、ちょっとした旅行に行くようで気持ちが踊ります。

 

もし美術館に足を運ぶことがありましたら、ぜひ特別展のパンフレットコーナーをチラ見してみると、新たな発見があって面白いかもしれません(笑)

 

→今日行った森美術館へのアクセスはこちら

 

に投稿 コメントを残す

山梨県の道の駅「富士川」に行ってきました!

【関連画像2】

2013年に全国の登録数が1000か所を超えた道の駅。

 

その土地の新鮮な特産品が並ぶとあって、登録数はどんどん増えています。

 

山梨でも2016年11月には、20か所目となる「道の駅 つる」が営業開始予定です。

 

今回は、道の駅「富士川」に行ってきました!

 

 

【関連画像1】

 

 

2014年にできた18番目の道の駅とあって、おしゃれな高速のパーキングのよう。

 

車を降りると釜無川と隣接しているためか、どこか解放感のある印象を受けます。

 

駐車場も大型16台、普通車60台、身障者3台と広々。

 

まずは正面から見て右側の販売スペースに行ってみようと思います。

 

 

【関連画像2】

 

 

中に入ると、新鮮なお野菜や季節のフルーツが所狭しと並んでいます。

 

買い物かごを片手に、いいものがないか見ていくと、さすがは道の駅!

 

生産者さんの名前が入っているので、安心できますし、何よりスーパーで買うよりも全然お得です(笑)

 

客層もアクセスの良さもあり、子育て世代の若いご家族が多めのように感じます。

 

私は、美味しそうな「ブロッコリー」と「ふき」を購入。

 

国産のブロッコリーはスーパーで買うとなかなかのお値段ですし、この時期ふきはもうスーパーには並ばないことが多いので(笑)

 

 

【関連画像3】

 

 

また、野菜だけでなく、地域の和菓子屋や山梨のお土産品など、甘味の種類も多く、見ているだけでも楽しくなること請け合いです。

 

さて、お次は、左側にあったおしゃれな建物を覗いてみます。

 

多目的広場の奥にある階段を2階に上がっていくと室内は展望学習室、外に出ると周囲の山々を見渡せるウッドデッキテラスがありました。

 

ウッドデッキテラスは、テーブルやイスが設置されており、ここでご飯を食べると気持ちよさそう!

 
今度はここでご飯を食べたいと思います(笑)

 

そして、室内の展望学習室には、このおしゃれな建物の正体が書かれていしました。

 

どうやら明治時代に建てられた学校をモデルに建築したようで、本物は「富士川民俗資料館」として県の指定文化財になっているようです。

 

 

場所も道の駅「富士川」からさほど遠くなく、お時間に余裕のある方はぜひ足を運んで頂けるといいと思います。

 

 

ふと見ると部屋の端に、白いらせん階段があります。

 

 

面白そうなので上ってみると、その先にあったのは、

 

 

【関連画像4】

 

 

まさかの和太鼓(笑)

 

学校のチャイム代わりだったんでしょうか。

 

周りを見渡すと建物のとんがりの一番上に上ってきていたようで、いい景色独り占めでした。

 

新鮮な野菜や地域の歴史にも触れられる道の駅「富士川」、ぜひ来て見てほしいと思うおすすめの『道の駅』でした!

 

→道の駅 富士川へのアクセスはこちら

 

に投稿 コメントを残す

山梨県の道の駅「下部(しもべ)」にいってきました!

【関連画像1】

山梨県は、桃やぶどうなどのフルーツをはじめ、多く野菜が栽培されています。

 

その新鮮な食材を簡単に手に入れることができるのが、県内に19箇所ある『道の駅』です!

 

その中の一つ、道の駅「下部(しもべ)」にいってきました。

 

 

【関連画像1】

 

かなり山間にあるので、アクセスは断然、車をお勧め(笑)

 

駐車場は、大型車7台、普通車63台、身障者用2台とゆったり。

 

車を降りると、新鮮な空気が体を包み込みます。

 

敷地内の地図を見てみると、いろんなスポットがありそうなので、まず敷地内を一周してみようと思います。

 

道の駅の販売所の建物を右手に、まず見えてくるのは、「バーベキュー広場」です。

 

 

【関連画像2】

 

 

土日だったこともあり、みんな焼いているんですよ。

 

お肉やお魚を!

 

美味しそうな香りがこちらにも漂ってくるほどです(笑)

 

ご家族で楽しんでいる方が多く、スペースも広々なので、お子さんが走り回って楽しんでいる姿を見ると自然と笑みがこぼれます。

 

道なりに歩いていくと、見えてくるのは芝生が敷き詰められた広場です。

 

ちょっとした遊具とベンチが設置されており、ボール遊びも楽しめそうな広さ!

 

無性にバトミントンがやりたくなりました(笑)

 

その広場の片隅には、古い民家が建物展示されています。

 

 

【関連画像3】

 

 

あまりにもこの場所にマッチしているので、上がって見学していいのか分からず、外からちらちら(笑)

 

奥には、昔使われていたと思われる、人力の消火ポンプや臼、雑穀機が置いてありました。

 

近くには 炭焼小屋もあり、昔の農家の方の生活を垣間見ることができます。

 

芝生広場をぐるりと一周すると見えてくるのは、

 

 

【関連画像4】

 

 

常葉川にかかったつり橋「またきて橋」

 

橋のネーミングの何ともお茶目でかわいいこと(笑)

 

つい笑ってしまいました。

 

敷地内を一周し終えて、いよいよ道の駅の販売所の建物へ。

 

 
お店には、地域で作られてた漬物や和菓子が並んでいました。

 

あまり広いスペースではないのですが、懐かしいアットーホームな雰囲気が漂います。

 

地域の方と交流をしたり、都会の喧騒を離れてゆっくり田舎を感じたい方、ペットとドライブを楽しみたい方にはおすすめの道の駅ですので、気になる方は、ぜひ足を運んで頂きたい場所です!

 

→道の駅しもべへのアクセスはこちら

 

に投稿 コメントを残す

ほっともっとのおすすめ点!ネット注文も可能に!

4

ほっともっとは日本全国にある持ち帰り弁当のチェーン店です。

 

元々はほっかほっか亭でしたが分かれてほっともっとに変わりました。

 

 

1

 

 

その地域によってメニューが異なりますが、から揚げ弁当やロースとんかつ弁当、おろしチキン竜田弁当、デミハンバーグ弁当、和風幕の内弁当、のり弁当、ロースかつ丼、ビーフカレーなどいろいろ揃っているのが良いですね。

 

このうち私が特に好きなメニューなのがから揚げ弁当です。

 

特製のニンニクしょうゆだれで味付けしてあるから揚げがとても美味しいのが魅力です。

 

レモン果汁とから揚スパイスの小袋が付いていてお好みでかける事ができます。

 

お値段が440円と安い割にご飯がたっぷり入っていて、これ一つだけでも結構お腹いっぱいになります。

 

さらにから揚げ弁当は注文してから出てくるまで速いと言うのも魅力の一つです。

 

他のメニューでは注文してから出てくるまで何分間か待つ事が必要ですが、から揚げ弁当ならすぐなので急ぎの時にも便利です。

 

今までの弁当と言うとご飯があまり美味しくないと言う事が多かったです。

 

しかしほっともっとではご飯が美味しいと言うのが良いところですね。

 

 

2

 

 

野菜をもっと摂取したいなと言う時は野菜が摂れる20品目の彩り弁当を注文しています。

 

20品目と種類が多い上にカロリー控えめなので、お腹が気になる方にもおすすめです。

 

毎日同じメニューでは飽きてしまいますが、ほっともっとでは日替わりランチも用意しています。

 

月曜から金曜まで毎日違うメニューなので食べ飽きしないです。

 

会社の食堂はあまり美味しくないので、平日のお昼は良くほっともっとの日替わりランチを注文していますね。

 

ほっともっとではミニうどんや特製豚汁などサイドメニューもあります。

 

持ち帰り弁当だけでは少し足りないかもと言う時はサイドメニューも注文しています。

 

特に特製豚汁は熱々なので寒い日の夜に食べると温まりますね。

 

ほっともっとではオードブルも用意しており、お客さんが自宅に来た時にも重宝しています。

 

一からお料理を作るとなると人数が多いと大変ですが、オードブルを注文すれば楽々です。

 

オードブル3000円なら4人分から5人分はあります。

 

5人分だと一人当たり600円と安いので有難いですね。

 

ほっともっとではインターネットでも注文できるようになりました。

 

事前にネットで注文してからほっともっとの店舗に行けば殆ど待たずに受け取りする事ができます。

 

面倒な会員登録せずに注文できますし、指定時間に来店すれば出来立てなので、これからはネット注文が多くなりそうです。

 

3