に投稿 コメントを残す

Microsoft Excelのいいところを紹介!

Excel

Excel

まず、Microsoft Excel(以下、エクセル)のいいところをご紹介するにあたり、エクセルとは何か?をお話しします。

改めてお話しする必要がないほど有名なソフトですが、Microsoft社が開発・販売する表計算ソフトです。

Microsoft Officeというパッケージに含まれていて、エクセルのほかにはWord(ワード)Powerpoint(パワーポイント、パワポ)などが有名どころです。

日本では、「表計算ソフト」と言われてもピンと来ないほど様々な使われ方をしているソフトですが、そもそもは表計算ソフトなので、表を作成し各項目について計算した結果を求める。

といった使い方が本来の使い方と思われます。

エクセルは表計算ソフト

とはいえ、ワードやパワポで作るほどでもない文書を、エクセルでぱぱっと仕上げたり、方眼紙のようにセルの大きさを設定して文書と画像のレイアウトを決めたりと、エクセル万能説は根強いですね。

エクセル方眼紙

表計算ソフトには、エクセルの他にキングソフト社製の「KINGSOFT Spreadsheets」やGoogle社の「Google スプレッドシート」など、様々なソフトがたくさんがあります。





いずれのソフトも基本的な機能としては遜色なく、各ソフト間の互換性も高いのですが、細かいところでの再現性に問題を残しており、やはりデータを作ったソフトで開くのが最も問題が起きにくい状況になっています。

その点では、もっとも広く使われており、デファクトスタンダードと言っても差し支えのないエクセルでデータを作成するのが無難です。

そんなこと言ってますが、かく言う私はGoogleスプレッドシートで作ったデータを客先に納品して、エクセルでは書式が崩れてしまい、修正を余儀なくされた苦い経験があります。

そんなエクセルですが、当然有償のソフトでお値段も安くはありません。

会社のパソコンにはインストールされていて当然ですが、自宅のパソコンにはインストールしていない方も多いのではないでしょうか。

急遽、自宅でエクセルのデータを確認する必要に迫られて困った経験はありませんか?

閲覧するだけならMicrosoft社からビューワーが提供されていますが、「ここちょっと編集したい、、」なんてことになり、フリーソフトの表計算ソフトで編集してしまったら、エクセルで開いたら書式が崩れてしまった経験はありませんか?

実は今、Office OnlineというMicrosoft社が運営するサービスで、エクセルの基本的な機能だけなら無料で利用できるんです。

利用にはマイクロソフトアカウントを作成する必要がありますが、登録も至って簡単。

エクセルのほかにもワード、パワーポイントのほかにWEBメールやカレンダー、メモまで使えて至れり尽くせりです。

officeOnline

仕事の予定を登録しておけば、事務所にいない場合にもスマホさえあればスケジュールの確認や、ちょっとしたエクセル、ワードの修正も可能です。

これはもう使わない手はないですよね。
以上、皆さまおなじみのエクセルについて改めてお話してみました。

このページを見た人はこんなページも見ています。





[RAND_TBL]







Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yushi1989/mame-news.net/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です