に投稿 コメントを残す

ETCを導入したら料金所で慌てることが無くなった!

erah

レジャーなどで良く高速道路を走行するのですが、料金所で高速料金をお支払するのに手間取ってしまうことがありました。

 

お金をうっかり下に落としてしまい後ろの車に迷惑をかけたこともあったので、思い切って私の車にETCを導入してみました。

 

ETCなら何と言っても料金所で停止しなくてもそのまま通過できると言うのが良いですね。

 

ETCを導入してからは料金所の手前でお金の準備に慌てることも無くなりました。

 

料金所で停止して料金をお支払している車を横目に通過していくのは何だか気持ちが良いものですね。

 

 

1

 

 

高速道路ではETC専用レーンがありますが最初はETC車載器が反応しなかったらどうなるのか不安がありました。

 

もし無線通信エラーとなるとETC専用レーンを通過することができないです。

 

しかし今まで何度かETC専用レーンを通過したことがありますが、無線通信エラーが起きたことは一度も無いですね。

 

スピードを落としてゆっくり走行することは必要ですが、かなり高度な技術が用いられているので正確に反応してくれています。





 

車内にカーナビを設置しているので電波干渉を起こすのではと不安がありましたが全く悪影響は出ていないです。

 

 

 

2

 

 

 

 

ETCカードにはETC専用カードとETC一体型クレジットカードと2種類ありますが、ETC専用カードを選びました。

 

それはETC一体型クレジットカードを車に差し込みしたまま忘れてしまい、お店などでクレジットカードで支払おうとしてもできなかったことがあったからです。
ETC専用カードであればクレジットカードとは別ですので車に差し込みしたままでも大丈夫です。

 

しかしETCカードを差し込みしたまま車を離れるのでは盗難が心配です。

 

高速道路をご利用する時は基本的には長距離となりますので、途中で休憩するためにサービスエリアに寄ることも多いです。

 

サービスエリアから車を離れる時はETCカードを抜くのを特に忘れそうになります。

 

最初の慣れていない時は度々うっかり忘れていましたが、最近では習慣となったので忘れなくなりました。

 

サービスエリアで抜いたETCカードは車に戻ってきたらすぐに差し込みしています。

 

 

3

 

 

もし抜き忘れして盗まれてしまってもETC専用カードですので高速道路の料金にしか使用ができないです。

 

クレジットカードと違ってショッピングには使用できないので最小限の被害に抑えられます。

 

ETCは便利ではありますが料金をお支払している感覚が無くなってしまうのが難点ですね。

 

高速道路の料金を気にせずにインターチェンジに入ってしまうので最近では気を付けるようにしています。

 





→ETC利用紹介サービスはこちら







Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yushi1989/mame-news.net/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です