に投稿 コメントを残す

Google scholarで論文検索を行う方法と便利な機能について

276ce6477e39a35b00543cfb9dce96cf_s (2)

Google scholarには便利な機能がたくさんあり、無料で学術論文や特許を検索することができます。

 

学術論文を無料で読めるのは特に学生の場合、メリットが大きいですよね。

 

 

今回Google scholarが初めての方でも利用出来るよう、Google scholarの使い方と便利な機能についてまとめましたので、是非ご覧ください。

 

Google scholarの使い方と便利な機能

c4cc3767113a333f0e0e820ba91d5e62_s

 

Google scholarを利用して検索を行うと論文や特許を検索することができ、検索結果のリンクをクリックするだけで雑誌の出版社の論文のサイトにアクセスすることができます。

 

一般家庭や論文の出版社と契約していないパソコンで検索してリンク先にアクセスすると、論文のAbstractや記事の一部を読むことができますよ。

 

大学の学内や研究機関などで雑誌の購読契約をしている場合には、論文のFull Textをダウンロードすることができます。

 

 

Google scholarの最大の利点は、無料で世界中の学術論文や文献を一発で検索できることです。

 

オプションとして英語のみまたは英語と日本語を指定することもできます。

 

 

Google scholarの利用方法ですが、Googleで「Google scholar」を検索して、一番上に出てきたリンク先をクリックすると検索サイトにアクセスすることができます。





 

検索する際は、論文のタイトルのほか、著者の名前や特定のキーワードでも構いません。

 

うろ覚えで一部の単語のみを入力したとしても、目的の文献を見つけ出すことができますよ。

 

 

何かのキーワードで検索を行って結果が表されたら、画面の左側に期間指定の有無、並べ替え、言語(英語のみまたは日本語/英語)などの絞り込みツールが表示されます。

 

検索結果が多い場合には、特定の条件で絞り込むことができます。

 

 

自分が投稿した学術論文が学術界でどの程度影響を与えているのかを知る方法は、投稿した論文を引用した文献や論文の数や種類を調べることです。

 

論文を投稿後、他の人によって何回引用されているのかを調べるのは面倒な作業です。

 

Google scholarで学術論文を検索すれば、一目で被引用回数を知ることができる便利な機能が付いています。

 

 

特定のフレーズで検索をすると分権の一覧が表示されますが、ヒットした論文のタイトルや著者・発行年などの下に「引用元 (数字)」 「関連記事」などのリンクが表示されます。

 

引用元に続く数字は、その論文を引用した文献の数を表わしており、「引用元」のリンクをクリックすると、その論文を引用した論文の一覧を検索することができますよ。

 

「関連記事」のリンクをクリックすると、関連する他の論文を検索することができます。

 

学術論文で共著や被引用回数の多い人は、自分の実績を調べる際にもGoogle scholarを利用することができるのです。

 

Google scholarで論文検索が効率的に行える

79de328059e2d637690d4bba83ac20f5_s

 

Google scholarの使い方と便利な方法をご紹介してきましたが、Google scholarがいかに優れた論文検索サービスであるか、ご理解いただけたかと思います。

 

特に論文検索を行うことが多い学生にとっては、Google scholarは実に使いやすいサービスですね。

 

 

私もGoogle scholarを使っていますが、論文検索がとても効率的に行えるので、とても重宝しております。

 

Google scholarを利用する前は、自分が知りたい論文があった時に、地道に文献などから探すしか方法がなく、非常に手間と時間が掛かっていました。

 

 

しかしGoogle scholarを利用するようになってからは、必要な論文を論文のタイトルで直接調べる事ができ、その上PDFファイルとしてダウンロードすることもできるので、時間的にも経済的にも圧倒的に負担が減りましたね。

 

このような便利なサービスを提供してくれるGoogleには本当に感謝の言葉しかありません。

 

 

「論文検索を効率的に行いたい」、「お金を掛けずに論文を調べたい」方はGoogle scholarを使わないと、本当に損ですよ。

 





Google scholarの公式サイトはこちら

 







Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yushi1989/mame-news.net/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です